「彼女は文字通り私に売ろうとしませんでした」: 男性は食料品店でビールを購入中に身分証明書を取得されました。バドワイザーゼロでした

「彼女は文字通り私に売ろうとしませんでした」: 男性は食料品店でビールを購入中に身分証明書を取得されました。バドワイザーゼロでした
 男は身分証明書を取得する'd while buying beer at grocery store. It was Budweiser Zero

@averageculinary/TikTok


optad_b

「彼女は文字通り私に売ろうとしませんでした」: 男性は食料品店でビールを購入中に身分証明書を取得されました。バドワイザーゼロでした

「なぜか法律で決まっている」

あ TikToker スーパーでアルコールゼロのビールを買う際に身分証明書の提示を求められたとき、ビデオ共有プラットフォームで驚きを語った。

@averageculinaryというTikTokユーザーは10月25日にクリップを投稿し、その中で何が起こったのかを説明した。 「兄さん、なぜ私がノンアルコールビールでIDを取得するのか誰か説明してもらえませんか?」彼はバドワイザー ゼロの箱を掲げながら言った。



次に、彼は箱のラベルを読み上げました。「バドワイザー ゼロ、フルフレーバー、ゼロアルコール醸造、アルコール 0.0%」。彼はさらにこう続けた。「なぜ私は身分証明書を取得するのでしょうか?彼女は文字通りそれを私に売ろうとはしませんでした。まず第一に、私のIDはありますか?私のIDは持っています。なぜ身分証明書を提示しなければならないのか、ただ混乱していました。」

「そして、アルコールが入っていないのに、身分証明書を提示しないとなぜ売ってくれないのか。彼女は『ゼロって書いてあるけど、まだアルコールが入ってるよ』って感じだった。箱が間違っていて、6か所も間違っていて、グーグルも間違っているか、あるいはあなたがただ奇妙なパワートリップをしているかのどちらかだ」と彼は語った。さらに、「文字通り、これを飲みながら運転できます。私が間違っている?'

他のTIkTokユーザーもこの動画にコメントし、店員が身分証明書を要求した理由について説明した。

「バーテンダーさん、どういうわけか法律で決まっているんです」とユーザーの一人は主張した。



「製品に名前が付いているのが原因だ」と推測する人もいた。

「子供たちにアルコールを勧めないようにするため。アルコール飲料に関する規則を施行しやすくするためです」と 3 番目の意見も提案しました。

4人目の女性は「ノンアルコールビールを買っている変な男友達を特定する必要があった」と冗談めかして語った。

バドワイザーによると Webサイト , 「バドワイザー ゼロは、わずか 50 カロリー、砂糖ゼログラムのノンアルコールビールで、バドワイザーの豊かな風味と爽快感を逃すことなくアルコールを減らしたい人のために作られています。」ただし、によれば、 酒税貿易局 (TTB)、ノンアルコールビールには、最大 0.5 容量%の少量のアルコールが含まれる場合があります。

Daily Dotは、TikTokのコメントを通じて@averageculinaryに、ウェブサイトの問い合わせフォームを通じてアルコール・タバコ税・貿易局に連絡を取った。